カジノで流す音楽はどうやって選ぶ?

今やカジノ業界の競走は激しく、どのカジノも新しい顧客層をゲームフロアに惹きつけようと躍起になっています。カジノオーナーは新規顧客獲得を達成するべく、スパ、ナイトクラブ、贅沢な料理を提供するレストランをオープンするなど、さまざまなビジネス戦略を導入しているようです。

こうした異なるタイプのエンターテイメントやリラクゼーションは、カジノビジネスに新しい目を向けさせるために利用されますが、莫大な費用がかさみ、物流上の悪夢となるリスクも抱えています。

カジノビジネスを向上させるもう一つの戦略は、ゲームフロアの最適化です。これをうまく実現したカジノは、顧客の定着率を高めるだけでなく、頻繁に訪れる顧客が友人へお勧めすることで評判が高まります。ゲームフロアの最適化において重要なポイントの一つとして、フロアで流す音楽の選曲というのがあります。

どのような音楽を選ぶべきか?

どのカジノもゲームフロアで何らかの音楽を流していますが、ここで面白いのは、カジノによって音楽がかなり似通っている傾向があるという点です。それはなぜだかわかりますか?その理由は、音楽は特定の目的を果たしているからです。例えば、ゴージャスなカジノで、ブラックメタルの曲を流すようなことは誰もしませんよね。

カジノのゲームフロアで流す音楽には、2つのポイントがあります。1つ目は「背景に溶け込むこと」、2つ目は「途切れることなく演奏し続けられること」です。ギャンブルの邪魔になるような音楽は、決して流してはいけません。このような邪魔になる音楽が流されると、ギャンブルをやめて別の場所に行ってしまう人が大勢出てくるかもしれないからです。

曲と曲の間の休みが多すぎる場合にも、これと同様の状況が発生する可能性があります。音楽が一切かからず、何も聞こえない状態が続いてしまうと、プレーヤーは時間が経過していることに気づきます。客にカジノに長く滞在してもらいたいと思うのであれば、これは良くないことです。

また、同じジャンルの曲を流し続けるようにしましょう。あるジャンルから別のジャンルへ絶えず切り替えていると、曲間の休みが多すぎる場合と同じ問題が発生します。人々は時間が刻々と過ぎているのに気づいてしまうからです。同じジャンルの曲であれば、曲の始まりと終わりの感覚をつかむのがより難しくなります。そうすることで、曲間であっても流れが生まれ、プレーヤーにより長い時間ギャンブルゲームに勤しんでもらうことができるのです。

もうひとつ気になるのは、音量です。曲の音量を大きくしすぎて、ゲームの効果音があまり目立たない…なんていう状況はできるだけ避けましょう。あるプレーヤーが勝利していることを示す効果音は、他のプレーヤーにギャンブルの継続を促すという研究結果が出ています。また、カジノで流す音楽には、歌詞のない曲を選ぶようにしてください。カジノで有名すぎるヒット曲を流すのは良くない考えです。なぜなら、一部の人は歌い出すかもしれず、勝利の音をさらにかき消すことになるからです。

最後に…

カジノで音楽を流す目的は、いたってシンプルです。それは、ギャンブルゲームのプレイを続け、お金を賭け続けるように人々を扇動するためです。ギャンブルをしている人々が時間の感覚を失うよう、ゲームフロアにうまくマッチする曲を選ぶ必要があるのです。

研究によると、クラシックとジャズが、カジノに最適な音楽ジャンルであることが判明しています。これらのジャンルの中から、上手に選曲していき、カジノ専用のプレイリストを作成してみましょう。

曲を選ぶのは骨の折れる作業ですが、本記事を読んだ皆さんなら、何を避けるべきかはもうお分かりでしょう。多くの顧客を惹きつけるためにも、頑張ってくださいね!